データ原稿でのご入稿

データ原稿について

データ入稿はもちろん可能です。
データで作った原稿は可能な限り、データのまま入稿することをお薦めします。

※本文がデータと紙原稿の混在の場合、別途料金かかる場合があります。

入稿可能アプリケーション

フォトショップ、イラストレータはcs5まで対応可能です。
ご入稿の際は、作成したアプリケーション、OS、バージョン、保存形式を発注書に記入して下さい。

入稿可能なアプリケーション

photoshop

・psd形式(.psd)
・eps形式(.eps)

カラーモード
(モノクロ2階調ならプレビュー:TIFF 1bit/pixels
エンコーディング:バイナリ。
モノクロ2階調以外はプレビュー:TIFF 8bit/pixels.
エンコーディング:JPEG最高画質(低圧縮率)推奨。)

illustrator

・eps形式(.eps)
Word(Windows office) ・PDFに変換(.pdf)
comic studio ・psd形式(.psd)
InDesign 等 ・pdf形式(.pdf)
その他 (右の形式で保存) ・psd形式(.psd)
・eps形式(.eps)
・pdf形式(.pdf)

データ出力見本について

出力見本とはデータ原稿をプリントアウトしたものです。データの制作者が自らプリントアウトして見ることで誤字脱字等を見つけることもできますし、当社オペレーターにはデータに文字化け等がないかの確認になります。データ入稿の際は可能な限り出力見本を付けることを推奨します。

出力見本がなくても印刷は可能ですが、データ出力に関するあらゆるクレームは受け付けられません。

出力見本に関する注意

●出力見本と入稿データそのものが違っていたら見本になりませんので、必ず入稿直前の最終データをプリントアウトして下さい。

●出力見本は縮小しても構いませんが、肉眼で文字が読める程度までの縮小率にし、縮小率(大体でも構いません)をメモや見本の隅の方に明記して下さい。

●カラー表紙の見本は、特に「この見本のような色味にしてほしい」という要望がない場合は、白黒で構いません。 カラーで出力して、色見本として使用する場合は、色見本であると明記して下さい。また、モニタとプリンタのキャリブレーションをよく行ってからプリントアウトして下さい。
それでも、プリンタの出力とオフセット印刷とは異なること、印刷用紙によって多少色味がかわることもあり、見本と同じ色味にすることは不可能ですが、目安として参考に致します。(あくまで参考ですのでご了承下さい。)色見本との明記がない場合は、内容だけ確認し色は参考にせずデータに従って印刷致します。

●再版の印刷物の場合等でも、前回の印刷物をご入稿の際に色見本と明記して同封して下されば前回の色になるべく近づけるように努めます。ただしデータ自体も前回から変更せずに入稿して下さい。

●モニタとプリンタのキャリブレーションについては説明書やカラーチャートを参考にして各自で行って下さい。

オンライン入稿時の出力見本

オンライン入稿では、プリントアウトした出力見本を原稿に付けることができません。ご自身でご確認の上、注意してご入稿して下されば必ずしも出力見本をつける必要はありません。しかしその場合、データ出力に関するクレームは受け付けられませんので、オンライン入稿の場合でもなるべく出力見本をつけるようにお願い申し上げます。出力見本を付けるという場合は、見本のみ宅配等で入稿前~入稿から24時間以内に届くように送って頂くか、jpgファイルにして原稿データと一緒にお送り下さい。 ページ数が40P位までで、縮小してA4用紙10枚位に収まる場合は、FAXで送って頂いても構いませんが、縮小のしすぎにご注意下さい。当社のFAXでは何十枚にも及ぶ出力見本は受け取れませんので、15枚以上になるときはご遠慮下さい。

●出力見本のみ宅配便で送る場合には、入稿時に原稿に同封する発注書の備考欄に必ずその旨を書いて下さい。

●データで出力見本を送る場合は、原稿をjpgに変換したものを別名で保存して出力見本として下さい。
また、原稿データとはフォルダを分ける等して、見本とすぐに分かるようにして下さい。

●jpgの出力見本は、見本自体がモニタの環境に影響を受けますので、色見本としては使うことができません。内容のみの見本となりますのでご了承下さい。

●データをメディアに入れての宅配入稿では、出力見本はプリントアウトしてから一緒に送って下さい。

データと紙原稿の混在について

表紙のみデータで本文はすべて紙原稿など、データ原稿と紙原稿の混在は可能です。この場合は別途料金なども頂きません。
ただし、本文の中でデータ原稿と紙原稿が分かれているといった場合は、注意が必要です。データと紙原稿の分かれ方が束単位(B5は4P、A5は8P)ごとでない場合は、紙原稿をデータに取り込んで作業しますので、データ取り込みの別料金を頂きます。基本的には2500円+(100円×紙原稿枚数)となりますが、ご入金の前にお問い合わせ下さい。
また、データと紙原稿が本文内で混在する場合は、台割表を付けてご入稿下さい。

台割表